Honda Cars 兵庫 コーポレート Honda Cars 兵庫 採用情報サイト Honda Cars 兵庫 採用情報サイト

ENTRY
スタッフ座談会 メンバー

スタッフ座談会CROSSTALK

新入社員にとって身近なお手本、目指す将来のモデルになる先輩社員の皆さんに集まってもらい、
Honda Cars 兵庫の特徴や各職種の仕事内容、苦労話などを聞きました。

  • 営業 中戸 拓哉
    営業 中戸 拓哉 2014年入社
  • サービス 金子 京平
    サービス 金子 京平 2016年入社
  • ショールームアテンダント 岡本 治華
    ショールーム
    アテンダント
    岡本 治華 2013年入社

Honda車が好きな人が集まる「Honda Cars 兵庫」

Honda Cars 兵庫は、Honda車が好きな人が集まった会社です。当たり前のように感じるかもしれませんが、他社のディーラーに勤める友人に話を聞くと、ここまで自社の車が好きな人が集まるのは珍しいと思います。僕はHonda車がとても好きですから、この会社で働けて良かったと思っています。

私は車に乗るのが好きで、家族の愛車がHondaのライフだったのでHonda Cars 兵庫を志望したのですが、ディーラーがこんなに忙しいとは思っていませんでした。知識はそれほどなく、車種にも詳しくなかったので、入社当時は大変。先輩を見習ったり、カタログを見たりして勉強しました。緊張するタイプなので、お客様の名前を聞き取れなくて、何度も聞き直して叱られたのを思い出します。お客様が「もう一度言ってごらん」とおっしゃったときにやっと正しく言えて、「よし、大丈夫」とフォローしていただけたので、ホッとしました。

営業 中戸 拓哉 トーク中

僕はホンダ学園出身です。だからもちろんHonda車が好きですが、人に接するのは苦手でした。サービスなら接客の機会はあまりないと思っていたのですが、点検の受付や修理の説明はサービスの仕事なんですね。でも、半年ほど先輩の横について説明の仕方を学ぶうちに慣れました。

実は、僕も人見知りなんです。一方的に話してしまうタイプの人見知り。沈黙が怖いんですね。車に関係のないことを話しすぎて、お客様に叱られたこともありますが、いろいろ話しているうちに親しくなれて、結果オーライなことも多いです。

私も人見知りです。中戸さんとは対照的に、何も話せなくなってしまうので、とにかく質問をして、聞き役にまわっていました。入社当時は車種を覚えるだけでも大変ですし、電話対応にも慣れていないので、お客様が何をおっしゃっているのか理解できなくて、先輩に代わっていただくことも多く、気を遣いすぎて大変でした。

目標に向けて勉強・研さんの日々

車種を覚えるのは大変だったでしょう。僕はHonda車が好きなので、車種も知っている方だと思っていたのですが、グレードやオプションがありますから、数え切れないくらいの項目を覚えなくてはなりませんでした。最初は先輩が付き添ってくださいましたが、1ヶ月前後で独り立ちするよう言われ、不安だったのを覚えています。情報が網羅されたiPadを支給されるので、商談しながら勉強していましたが、慣れるまでに1年半くらいかかりました。

マイナーチェンジについても知っておかなければなりませんから、日々が勉強です。

商談では、とてもたくさんの書類を扱わなくてはいけないイメージがあります。営業さんは、オプションをほぼ把握しているからすごい。僕は覚えるのが苦手なので、感心します。
サービス職では、期限がシビアなのがハードです。イレギュラーが発生するとタイムオーバーになってしまううえ、次のお客様の点検時間にずれ込んでしまいますから、入社したてのころは焦りました。最近は手際が良くなってきて、期限内にできるようになってきましたし、どうしても難しいときは、先輩に代わっていただいたりして、こなせるようになってきました。

座談会 集合

私は入社7年目で、車やサービスの拡販物について頭に入ってきたので、次はお客様にどう伝えるかを工夫したいです。社員同士は一緒に出掛けたり、バーベキューをしたりして仲が良く、なんでも聞きやすい雰囲気ですから、先輩たちに教わりながら、消耗品や車の知識を増やしたいですね。

僕は営業なので、やはり成績を伸ばしていきたいです。まずは去年の自分を越えたいです。職場の先輩と仲が良く、商談技術も教えてもらえます。いじられキャラなので、いじられながら「教えてくださいよ」とお願いすると、親切に教えていただけます。

職場の仲が良いので、いろいろ教えてもらいやすいですよね。僕は工場長クラスを目指しているのですが、まずは現場と工場長の間のサービスフロントを目指しています。接客や書類関係の知識を得るには、サービスフロントの横で学ぶしかありませんから、趣味を聞いて一緒にでかけたりして、仲良くしていただいています。

健康支援、研修…充実のサポート体制

店舗の女性社員は2人なので、休憩を一緒にしたりして、いろいろなお話をします。毎年ストレスチェックが実施されますが、私自身はストレスをほとんど感じません。

僕もストレスは感じないです。健康診断もしっかりしてもらえますし、補助金制度もあるので、今のところ健康面での不安はありません。研修も手厚く、内容が充実しているので助かっています。面談スキル強化の研修で、お客様のタイプによって「あなたは青が好きですか?」というように、YESかNOで答えられる「限定質問」と、「あなたはどの色が好きですか?」というように、自由に回答できる「拡大質問」を使い分けると学びましたが、実践で役立っています。また、入社すぐの研修で、他店舗の同期と信頼関係を強められたのは大きいです。お客様に叱られたときも同期から慰めてもらい、その存在のありがたさを痛感しました。

サービス 金子 京平 トーク中

研修での学びは役立ちますね。ショールームアテンダントは立ちっぱなしなので、重心が偏ると骨盤がゆがみ、すぐに疲れてしまいます。接客接遇マナーの研修で学んだ姿勢を実践すると、立ち姿がすっきり見えるだけでなく、私自身も楽だと気づきました。

勉強会もありがたいです。SEという社内資格の勉強会では、本社のスタッフに直接質問ができます。日常のふとした疑問や、故障診断のノウハウを教えてもらえて、勉強になります。
年に一度、パーティ会場で集まる全社員大会があって、情報交換ができるのもうれしいですね。僕は人見知りなので、まったく知らない人に話しかけるのはハードルが高いのですが、知り合いと一緒にいる人と話して、交流を広げています。

店舗を越えた交流は成長の機会にも

店舗を越えた交流はありがたいですね。先輩が近隣拠点のショールームアテンダントを集めてくださって、一緒に出掛けたりします。「人見知りで話をするのが苦手なら、聞き役になったらいいよ」と教えていただいたのは、この集まりの中です。

僕は積極的にクラブ活動に参加しています。現在フットサルと旅行部所属ですが、バスケ部も立ち上げようとしています。プライベートの時間は減りますが、同じ仕事をする仲間の集まりなので、楽しみながらいろいろな引き出しをもらえます。それに、先輩の意見が違うと思ったら、「違うと思います」と言えますから、Hondaの個性である「ワイガヤ」は絵に描いた餅ではないと感じています。

そうですね。僕も先輩と意見が違うときは、ちゃんと言葉にしています。

私のお店もそうです。女性同士はあまりズケズケ言いづらいものですが、「こういう感じなので、こうしてもらえたらうれしいです」と、言い方を工夫して伝えます。

ショールームアテンダント 岡本 治華 トーク中

入社を希望される皆さんへ

アットホームな会社なので、楽しみながら仕事をしたい人に志望していただきたいですね。

明るい笑顔でいれば、十分だと思います。入社してすぐは不安なものですが、不安がお客様に伝わらないよう、いつも笑顔でいてください。知識がなくても「わからないので確認してきます」と笑顔で言えば、大丈夫です。周囲のみなさんが助けてくださいますし、お客様もわかってくださいます。先輩方が本当に優しく、良い会社ですから、楽しんで仕事をしいるうちに、自然と笑顔になってくると思います。

職場の人たちが笑わせてくれますから、自然と笑顔になりますよね。

サービスも、車にちょっとでも興味がある人なら車の話題で盛り上がり、みんな優しく教えてくれます。Honda車の好きな人に入ってほしいですね。

座談会 集合
TOP
会社案内
PDF
会社案内パンフレット